事務局長のつぶやき

安いのには理由がある


先日読んだ本に書いてあったこと

『「誠実な会社と、嘘をつく会社、どちらの商品を買いたいか?」と問うとほとんどが前者を選んだ。

次に「誠実な会社と、嘘をつく会社、どちらが儲かると思うか?」と問うとほとんどが後者を選んだ。』

そうです。

イメージって大切だなぁと思います。

例えばモノの値段について考える場合にも、イメージは付きまといます。

われわれが、「ペットボトルのお茶」を買う場合、価格的にどんなイメージをもっているか。

自販機で買う500mlなら160円くらい。

スーパーで買う500mlなら100~120円くらい。

が相場のようなイメージが大体あります。

そんな時に、500mlで50円のお茶が売ってあったらどうでしょう?

「安くてラッキー」という感想よりも、「品質として大丈夫なのだろうか」と思ってしまうかもしれません。

モノの値段を考える場合でも、単に他より安ければいいというものでもなさそうです。

画像で入れているのはトップバリュのレトルトカレーです。(今はデザイン変わっています)

200gで58円。一般的には安いものでも100円はするのでかなり安いです。

見えにくいかもしれもしれませんが、安さのポイントとして「具材は野菜だけを使用しています」と書いてあります。

これなら安いわけも納得するので安心して買えますね。

食品だけでなく、あらゆるものに「安いからくり」を明らかにして「安かろう悪かろう」という評判を払拭し、トップバリュの場合、ブランドとして浸透してきたんだと思います。

こういった姿勢も誠実さの一環かと思います。


入会・お問い合わせはf-mkg.org/お問い合わせ/

まで

事務局長:河村