事務局長のつぶやき

コンビニコーヒー


コンビニで挽きたてコーヒーが買えるようになって、毎朝コンビニで買って出社するのが日課となった。

それまではあまりコーヒーを飲まない方だったのだが、美味しいコーヒーが手軽に安く買えるとなると話は別。

最近では行きつけのコンビニでは顔を覚えられ、カウンターに行くと注文せずともカップを渡してくれるようになった。

コンビニコーヒーは2013年にセブンイレブンが導入し大ヒットとなった。

導入当初から話題となり、一気に他のコンビニも導入。今では1つのコンビニに2~3台マシンが置いてある状況。

持ち運び用コーヒーは自販機やカフェで買うものではなく、コンビニの店頭で淹れるものという認識になった。

実際、コンビニ全体のコーヒー売上高は、カフェ大手のスターバックスやドトールなどカフェを抜いているという数字も出ているようだ。

この大ヒットの要因は様々な分析が行われているが、潜在需要の獲得に成功しているのは私のケースからもわかる。

「毎日飲むほど好きではないのだが、安くて手軽で美味しいものがあれば飲む」という層をガッチリ捕まえているようだ。

割を食っているのがカフェ、缶コーヒー、インスタント、喫茶店などの競合。

それぞれの特性を活かし、コンビニコーヒーに対抗しようとしている。

最近よくCMで見る「ネスカフェバリスタ」。あれはインスタントや缶コーヒー業界の反撃の一つともとれる。

今後どのようなサービスが生み出されるか。大変楽しみである。


お問い合わせ・入会はhttp://f-mkg.jpn.org/?page_id=12まで

事務局長:河村