事務局長のつぶやき

安すぎるナポリタン


今日、お昼をどこで取ろうかと、運転中にあるエリアでパスタ屋を見つけた。

以前通りかかったときにはなかった店なので、最近できたのだろう。

ちょうどナポリタンが食べたい気分だったので立ち寄ることにした。

入店するとカウンターだけの狭いお店だが、一人で入るには良さそうな雰囲気。

お客さんは12時過ぎなのに私一人だったのが気になったが、お店の方も快く迎えてくれた。

メニューを見ると、パスタメインだったが、お目当てのナポリタンは

「350円、大盛り450円」と書いてある。

今時こんな値段でナポリタンが食べられるとは…と思った反面、

味やボリュームは大丈夫なのだろうかと思いつつも、大盛りを注文。

カウンター前で店主がフライパンを使いながら時間をかけて作っている。

出てきたものは、普通のお店なら700~800円くらいしそうなおいしそうなナポリタン。

実際、味や具材も抜群でした。

だが、この内容で350円で元が取れるとは到底思えませんでした。。。

後で調べると、オープン記念でナポリタンだけ安くなってたみたいでした。

ただし、経緯を調べるとこんな感じでした。(推定)

2月にオープン(オープン時の食べログコメントなどからするとまだ値引きしていない)

3月の口コミにナポリタンの安さに触れる記事が増える。(3月時点でナポリタン値引きを開始している)

4月23日、私が食べに行き、ナポリタンの割引セール継続している。(少なくとも1ヵ月以上値引きが続いている)

3月の口コミを漁ると、期間限定と書かれていたが、今日は見当たらなかったので

ナポリタンは永遠に350円で食べられるのかもしれない。

若しくは客足が伸びないので看板メニューとしてある程度置き続けるのかもしれない。

どちらかは不明だが、お昼のランチタイムに賑わっていない時点で値引きせざるを得ない

状況に置かれていることは推測できる。

新規開店した店舗がお客さんに一度は来店して貰うためにとる手段の値引き。

多くの店舗で見かけるが、一度行ったきりで客が飛ぶという事例もよく見かける。

値引きを行うことでどういう客を集め、どこを評価してほしいのか。

通常価格へ変える際に離れる客をどうやってつなぎとめるのか。

値引きにはかなり練りこんだマーケティングが必要と思われます。

 

このパスタ屋に関しては、割引なしでも非常に安く、近くにあれば通いたいくらい気に入ったので

是非長続きしてもらいたいです。。。


お問い合わせ・入会はf-mkg.org/より

事務局長:河村