事務局長のつぶやき

クリスマス商戦


昨日、ドン・キホーテに買い物に行ったら

サンタの恰好した店員さんがクリスマスケーキを店頭で必死に売っていました。

4号で1,000円。普段ケーキ買わないのでそれが安いのかどうかわかりませんが、

他の店で見たときは2,000~3,000円するのもあったんで、たぶん安いでしょう。

学生時代、コンビニでバイトしていた経験がありますが、

11月終盤くらいから、営業の売り上げグラフみたいなのがバックヤードに張り出され

クリスマスケーキの予約戸数を競わせるみたいなことが行われていました。

一人○個以上とかノルマもあり、一番多い人にはお小遣いが与えられる。

かれこれ20年くらい前で、コンビニでクリスマスケーキが出始めたくらいの時代でしたが

それくらい小売業界にとって「ケーキ商戦」は非常に重要なものなんでしょう。

クリスマスで売れるものといえば、「プレゼント」に関するおもちゃやファッションなど。

「パーティー」に関するケーキ、チキン、お酒、仮装など。

最近では、ケータイゲームなどでも「クリスマス限定ガチャ」なども定番となりつつあるようです。

ボーナスで世間の懐が温まる時期、それを狙ったお店側の仕組みが「クリスマス」~「年末年始」と続きます。

以前「正月は休みます!」という企業が増えてきつつあるという記事を紹介しました。

「クリスマスは休みます!」というとなんだか違和感あるのは何故でしょう??


入会・お問い合わせはf-mkg.org/まで

事務局長:河村